ECサイトに特化した基幹システムを導入する際の注意点は?

顧客情報や収支のデータを管理しやすいものを選ぼう

ECサイトの運営を効率良く進める上で、早い段階で優れた機能が備わった基幹システムの導入を検討することが大切です。特に、顧客情報や収支のデータを管理しやすいシステムは、ECサイトを通じて様々なジャンルの商品を販売する際に役立つことがあります。最近では、基幹システムの開発から運用まで色々な場面でサポートをしてくれるIT企業の数も増えており、基幹システムを自作するのが難しい場合には、すぐに外注先の候補を選び始めると良いでしょう。なお、事業の目的に合った基幹システムを長期にわたり使い続けるために、メンテナンスの必要性や新しい機能を取り入れるタイミングについて定期的にじっくりと判断することが大事です。

将来的にシステム構築に掛かるコストを把握しよう

ECサイトをメインに事業を始めるにあたっては、将来的に掛かるシステム構築に関する費用についてしっかりと把握することが重要となります。例えば、顧客の信頼を得るために、基本的な機能だけでなく、セキュリティの面もしっかりとしている基幹システムを導入する場合は、メンテナンスやパッケージの変更などのため、月々数万円から十万円ほどのランニングコストが発生することもあります。また、一から希望通りの基幹システム構築を外部の企業に依頼する際は、百万円を超える初期費用が必要となることもあり、日ごろから潤沢な事業資金を蓄えておくことが大事です。その他、外注先の方針や業績などによって、外注費用に大きな差が出るため、まずは複数の企業に見積もりをお願いすることが肝心です。

基幹システムは、会社などがビジネスをしていくのに根幹となる業務システムのことです。製品の生産から販売までや納品や請求書の発行業務をあらわします。