ECサイトを構築するのに知っておきたいこと

知っておきたい3つの方法

インターネットの普及によって、ECサイトは店舗経営においてますます重要な存在となっています。もっとも、ECサイトの構築方法は一通りではないため、事業規模に応じて適切なやり方で構築しないとかえってコストばかりかかって儲からないといった事態に陥りかねません。具体的な方法としては、無料ASPの利用、有料のASPの利用、パッケージやクラウドECの利用という3つがあるため、これらの中から自社のニーズに最も適したものを選ぶことがポイントとなるのです。

それぞれの方法の選び方とは?

まず一つ目と二つ目の方法は、いずれもあらかじめインターネット上で用意されているEC向けのASPサービスを利用するものですが、無料よりも有料のサービスの方が多様な機能を備えていることが一般的です。そのため、コストを掛けずに小規模で始めるのであれば前者、ある程度コストがかかっても大きな売り上げを狙いたいのであれば後者を選ぶと良いでしょう。

ASPの利用はあらかじめ用意されているサービスの範囲内で一部を自社向けにカスタマイズしてECサイトを構築するやり方であるため、自分が好きなように自由にECサイトを構築するには向いていません。そこで、自社オリジナルのECサイトを作って大々的にビジネスを展開したいということであれば三つ目の方法であるパッケージやクラウドECの利用がお勧めとなります。3つの方法の中でもっともコストがかかる分、サイト構築の自由度は圧倒的に高く、うまくいけば大きな売り上げを見込めることから、リスクを取って事業を拡大したい場合にはこちらの方法を試してみると良いでしょう。

ecサイトの構築をするときは、UXとUIを大切にしましょう。UXとUIはサイトの使い勝手の良し悪しに関わってきます。これらが良ければ、利用しやすいサイトとして、ユーザーも快適に買い物をしてくれます。