マーケティングオートメーションを使いこなして顧客を開拓しよう!

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションは、顧客を開拓する際のマーケティング活動を目に見える形にし、さらに自動化するツールです。マーケティング活動は目で確認しにくいため、進行具合や成果を把握しにくいという特徴があります。そこでマーケティングオートメーションによって、マーケティング活動を可視化し効率を向上することを目指します。例えば、新たな顧客を得るためには、見込み客の興味や傾向を分析し最適な方法とタイミングで提供することが必要です。

しかし、すべての見込み客に対して十分な対応をするためには膨大な手間と時間、人員がなくてはいけません。顧客開拓に割り当てられる費用や人員は限られていますので、マーケティングオートメーションを導入し見込み客の情報を自動的に処理する企業が増えています。

マーケティングオートメーションのメリットデメリット

マーケティングオートメーションのメリットは、自動化することによって人為的なミスを軽減することができるという点です。日常的な業務などをマーケティングオートメーションによって自動化すれば、様々なミスを減らすことが期待できます。また、顧客や見込み客からのアクションに対して、最適なタイミングでリアクションをとることが可能です。新しく会員登録などをしたユーザーに対して、すぐに登録を感謝するメールを送るなどということができるため、ユーザーと良い関係を築くことにも役立ちます。

一方で、マーケティングオートメーションのデメリットは完全自動化ではないという点です。マーケティングオートメーションは便利なツールではありますが万能ではありませんので、使いこなせるだけのスキルが必要になります。

マーケティングオートメーションとは、自社製品等を買う可能性がある見込み客の情報を一括して管理し、メールやSNS等を含めたデジタルチャンネルでのマーケティングを自動化、可視化するソフトウェアの事です。