愛用しているiPhoneが故障!修理別の費用とは?

iPhoneの修理方法は大きく分けると2種類

ちょっとした不注意でiPhoneが壊れてしまったという経験をした事がある方も多いと思います。iPhoneがないだけで電話・メール等の連絡が取れなくなったり、インターネットで調べ物や買い物が出来なくなる等の不都合が置きてしまうので出来るだけ早く直したいですよね。iPhoneの修理方法は「正規店での修理」と「非正規店での修理」の2種類が主流となっています。

正規店で修理するメリットとかかる費用

正規店でiPhoneを修理するメリットの1つに「選べる修理方法」があります。予約をした店舗までiPhoneを持ち込む方法だけではなく、配送による修理も利用する事が可能です。正規店でのiPhone修理にかかる費用は、「補償サポート」の有無で大きく異なります。修理で多い画面損傷の場合、補償サポートに加入していれば4000円程度で綺麗に修理する事が出来ますが、未加入だと1万5000円以上必要となります。画面損傷以外の修理も補償サポートの有無でかかる費用が2~3倍変わります。万が一、故障した時の事を考えて補償サポートに加入しているという人がほとんどです。

非正規店で修理するメリットとかかる費用

非正規店での修理は、正規店にはない「スピーディーさ」が魅力です。当日修理を行っている店舗も多いので修理に出したその日にiPhoneを直す事が出来ます。非正規店の修理費用は、店舗やiPhoneの種類によって異なるので事前に調べる事が必須となります。しかし、画面損傷であれば5000円程度で直せる店舗も多く、補償サポートに加入していない場合は正規店での修理よりもかかる費用を抑えられる事も珍しくありません。基本的には、正規店の補償サポート加入時と同等の価格で修理を受け付けていますが、非正規店で修理を行うと正規店でのサポートが受けられなくなるケースがあるので注意してください。

iphoneの修理は正規のショップで依頼をすると非常に高い費用が必要です。しかし、非公式のショップに依頼をすると格安の料金になります。