これだけは押さえたい!Web制作の3つのポイント

ターゲット層の明確化

Web制作会社の選定に入る前には、どのようなWebサイトを構築したいのか明確にする必要があります。構築するサイトのコンセプトが明確でなければ、優秀な制作会社に依頼しても納得のいくようなサイトにはならないものです。Webサイト制作のポイントとして先ず挙げられるのが、ターゲットの明確化です。ターゲット層が絞られるほど、訴求性の高いサイトが構築できます。また、サイトでアピールしたいサービスや商品があれば、それらの特徴もはっきりさせておくことです。

期待されるアクション

Webサイト制作の2番目のポイントは、来訪者に如何なるアクションを期待するかです。商品やサービスの情報提供に留めるのか、購買などコンバージョンにつなげるのかによってサイトの構成も異なります。具体的なサイトのイメージが湧かなければ、競合他社のサイトを参照するのも一つの選択肢です。競合他社のサイトの改善点を見つけることで、自社のサイトをより良いものにできます。大切なのは自分がユーザーの側に立つことで、ユーザーが使いやすいサイトを目指すべきです。

公開に合わせたスケジュール管理

Webサイト制作の3番目のポイントとして、スケジュールの管理が挙げられます。商品やサービスをアピールするサイト制作であれば、情報公開に合わせたスケジュール管理が必要になります。以上のようなポイントをまとめたものは、RFP(提案依頼書)と呼ばれています。RFPを選定候補のWeb制作会社に送付しておくことで、要件や要望の伝え忘れを防止できます。そして、何よりも商談の時間を削減できるのが大きなメリットです。

モジュール化とは、コードを一つの部品と考えて繰り返し利用できるようにしたもので、モジュール化することでコーディングを効率良く行うことができます。