なんとなく作らない!ホームページを作る前に決めることとは?

目的と目標を決め、ホームページの方向性を見定めよう

ホームページを作る際に一番初めにするべきことが目的を定めることです。一口にホームページと言っても、その目的は商品の購入やサービスの申し込み、情報発信などさまざまです。ホームページの目的を定めると、たとえば、商品購入を目的とするサイトであれば決済システムが必要だったり、情報発信を目的とするサイトならブログ機能が必要かもしれなかったりと、ホームページに必要な要素も分かってきます。
目的が決まれば目標も定めましょう。目標とは具体的な数値として表わされるもので、商品の購入数やサービスの申し込み数、サイトの閲覧数などです。

ホームページを見てもらいたいターゲットを決める

ホームページを作るときにはターゲットを想定することも重要です。ターゲットを想定することで、必要なコンテンツやデザインの方向性が見えてきます。たとえば、直観的で感情に訴えるようなサイトに引き付けられやすい女性に対して、男性は、論理的な構造をしたサイトに引き付けられやすい傾向があります。また女性と男性の違いだけではなく、年代によって適したコンテンツの構成やデザインも変わってくるでしょう。
ターゲットは適度に絞ることも大切なポイントです。ターゲットを広げすぎると、デザインやコンテンツの構成もぶれてしまう可能性があります。ターゲットを絞るうえで役立つのがペルソナです。ペルソナとは、象徴的なターゲット像を具体化するというもので、性別や年齢、職業などさまざまな要素を決めて、一人の人物像を作り上げます。
また、ターゲットとともに対象デバイスも決めておくといいでしょう。スマホでのインターネット利用が増えている現代、若者がターゲットであればスマホ専用のサイトだけを作るという選択肢もあります。

ホームページ制作で大切なのはその目的やその対象者をしっかり決めることです。コンセプトをまとめ、閲覧対象者にとって見やすいページを作りましょう。